第6回防火防犯パトロール(実施しました 平成30年9月19日)

毎月第3水曜日の夜は、「防火防犯パトロール」です。

今回は三田警察署より署長ほか2名の応援を得て、2方面合計22名でのパトロールを実施いたしました。

大人だけでなく子どもたちも参加し、拍子木に合わせて「火の用心、戸締り用心、火の用心」と掛け声を上げ、すれ違う帰宅者、住民の皆さんに「こんばんは、お疲れ様」と挨拶する。皆で安全安心な町づくりをしていこうとがんばっております。

もし、私たちにすれ違いましたら、「お疲れ様」とお声をいただけるとうれしいです。また、一緒にご参加いただけるとなおうれしいです。よろしくお願いします。

(防火防災部長 穂苅祥一、防犯部長 岩本明)

 

第5回防火防犯パトロール(実施しました 平成30年8月15日)

毎月第3水曜日の19時からは防火防災部、防犯部合同の「防火防犯パトロール」。今回も20名を超える皆さまにご参加いただきました。

2グループに別れ、町を巡回。拍子木をたたきながら、「火の用心、戸締り用心、火の用心」と声をあげます。途中、すれ違う帰宅途中の方に「こんばんは。お疲れ様」と声をかけると、「お疲れ様です」と返事をいただきます。この小さなことの積み重ねが、防災時の助け合いや、防犯力の向上に効果を発揮します。

自分たちの町は、自分たちで守る。芝浦一丁目町会の底力です。

巡回後は、防災や防犯の意見交換会です。ちょうど、行方不明だったお子様のニュースが話題となり、子供たちを見守る大人の目の大切さが話し合われました。

(防火防災部長 穂苅祥一、防犯部長 岩本明)

こども祭り準備作業(実施しました 平成30年6月2日)

「芝浦一丁目こども祭り」を明日に控え、当日配付する「お菓子セット」、「防災備蓄品試食品」の仕分け作業を行いました。

「お菓子セット」には徳純院様ご提供のお菓子類に、東京モノレール様ご提供のノートと鉛筆、ファミリー物産様ご提供のジュース、そして東京ポートボウル様ご提供のボウリング無料券をセットいたしました。

「防災備蓄品試食品」はヤナセ様ご提供の防災備蓄品の一部を、防災の啓蒙活動として今回初めてお祭りで配布します。

今日も暑い、明日はもっと暑い。でもいい天気になりそうなので、役員一同子供たちの笑顔を思い浮かべながらがんばっております。

(常任顧問兼祭礼委員長 中島恭男、芝浦一丁目商店会会長 吉藤正彦、町会長 岡田祥男、町会副会長兼祭礼実行委員長 小島俊輔)

 

第2回防火防犯パトロール(実施しました 平成30年5月16日)

第3水曜日は防火防犯パトロールです。今回はふれあいポリス甲斐さんに加え交通課からも応援に来ていただきました。また新しい仲間も増えました。合計19名の参加でした。

中島会長からは新潟の事件のお話がありました。ご近所の方や帰宅中のサラリーマンの方ひとりひとりが「目」となって、少しでも「いつもと違う」ことがあれば通報する、間違いであっても通報する、その勇気が大切とのお話がありました。初参加の水野さんからも「町を見守る眼力となりたい」との心強いお話もいただきました。

パトロールではいつものように私たちの掛け声、「こんばんは、お疲れ様」との挨拶に、すれ違う方々も「いつもお疲れ様です」と温かいお声を掛けていただけます。そんな「お互いさま」が芝浦一丁目の「防犯力」です。

パトロール後はふれあいポリス甲斐さんより楽しくて勉強になる防犯学をうかがいながら懇親会を開催いたしました。

是非、まだご参加されていない方もお気軽にご参加いただき、防火防災や防犯について意見交換し、安心安全な地域を築いていきましょう。よろしくお願いします。

(防火防災部長 穂苅祥一、防犯部長 岩本明)

 

ヤナセ様ご提供防災備蓄品搬出入(実施しました 平成30年5月12日)

防災に必要なのは「自助、共助、公助」。その中で町会で取り組めるのは「共助」。それに応えていただいたのが株式会社ヤナセ様でした。

このたび防災備蓄品の一部をご提供いただき、町会の備蓄品の一部として、また、6月3日の「芝浦一丁目こども祭り」での防災啓発活動の一環としての試食用の備蓄食糧の配付として利活用させていただきます。

搬出入には、株式会社ヤナセ総務部の中村様がご対応いただき、商品である高級輸入自動車に注意!?を払いながら慎重に運び出しを行いました。

グローバルフロントタワー様よりご提供をいただいた地域防災倉庫に搬入を行い、芝浦一丁目町会の防災備蓄もより充実してきております。

企業様と地域が一体となって防災に取組む。これが芝浦一丁目の「防災力」です。

(防火防災部長 穂苅祥一、防火防災副部長 三浦まどか)